中性脂肪を下げるための取り組み|サプリで簡単ヘルスケアマジック

特徴を把握しましょう

ジュース

種類や性質はさまざま

一口に酵素といっても多くの種類があり、とても広範囲のものを指しています。例えば体内にある消化酵素だけを見てみても、食物に含まれるたんぱく質や脂肪を分解するもの、それにより分解された成分から様々な物質を合成するものもあります。ちなみに酵素は基本的にたんぱく質で構成されており、セサミンやグルコサミン、イソフラボン等の成分と比べて構造が大変複雑です。温度やphなどの環境が著しく変化すると、失活という現象が起きてしまうことがあり、この失活が起こると酵素を構成しているたんぱく質の複雑な構造が崩れてしまい、元に戻らなくなってしまいます。保管や抽出するときには、こういった環境の変化に注意する必要があります。

活発に働く環境を作ること

酵素には最も活発に働く環境条件が存在します。酵素を摂る場合には、この最も活きる条件に合わせることが大変重要です。基本的にはほとんどの酵素に、失活してしまう条件、最も活発に働く条件、失活するほどではないがあまり働かない条件の三種類があります。失活するほど激しい条件にさらしてしまうのはもちろん、働きの鈍い条件で酵素を摂取してもあまり意味がなくなってしまいます。摂取する酵素の特徴を理解して温度やphなどを調整し、環境を整えた上で摂取すると良いでしょう。また健康食品やサプリメントで摂取する場合には、抽出段階で失活してしまっていないかを確認するために、どのような素材からどのような方法で抽出されているかを参考に選ぶことをおすすめします。